ニキビを減らす正しい方法

ニキビの原因とされるアクネ菌は、毛穴に詰まった皮脂や汚れを好み、それを栄養として増殖を続けます。
アクネ菌を抑制するための日常的な予防策は、やはり正しい洗顔が効果的です。


正しい洗顔とは、なるべく石鹸をふんわりと泡立て、撫でるように顔を洗うことです。

明日に役立つがさらに話題になりそうです。

間違った洗顔とは、スクラブ系の洗顔料を使ったり、手の平でゴシゴシと強く擦ったり、汚れが落ちているか分からないから三度・四度と何度も洗ったり、熱湯を使って洗ったり、など数を挙げればキリがありません。

このように肌に負担がかかる洗い方をしてしまうと、肌を守ろうと皮脂が過剰分泌を起こし、余計にニキビが出来やすい肌を作ってしまうのです。

しかし洗顔は肌をリセットするための基本的な手段であり、ニキビを減らす方法は「洗顔」だけでなく、次の2ステップに掛かっていると言っても過言ではありません。それは「保湿」と「冷却」です。


まずは「保湿」ですが、リセット肌の毛穴は言うなれば空洞状態で、放っておくと再び皮脂汚れが蓄積してしまいます。それが化粧水などで保湿すると、アクネ菌が好きな栄養素ではなく、肌が喜ぶ栄養素で満たされるので、皮脂汚れが入る隙間が無くなるのです。
そのため、基礎化粧品を使って肌に潤いを与える「保湿」手順を行い、リセット肌を保湿肌に変化させましょう。

それから「冷却」をすることで、毛穴をキュっと引き締め保湿成分を角質層に吸収させます。保湿した肌を氷嚢などで冷やせば、保湿成分を閉じ込めるだけでなく、ニキビの炎症で熱くなっている肌をクールダウンさせることが出来るので効果的です。